スポーツクラブのキッズスクール

スポーツクラブとは、スポーツをやりたいと考える人が自主的に集まり、一定の規則のもとに活動を行う組織です。今の日本で「スポーツクラブ」というと、学校や企業など特定の組織に所属する人のためのクラブではなく、会費を払うことで会員になることのできる民営のスポーツクラブ(またはフィットネスクラブ)をイメージする人が多いと思われます。

大人がスポーツクラブを利用する場合、その目的はさまざまです。何か新しいスポーツに挑戦しようという場合もあるでしょうし、既にやっているスポーツを更に極めたい、記録を伸ばしたいという目的で通う場合もあるでしょう。また、必ずしも「スポーツ」にこだわらず、日常生活の中で定期的に運動する機会を作りたいと考える人もいるでしょうし、運動不足やメタボリックシンドロームの予防という目的を持つ人もいることでしょう。

ところで、多くの民営のスポーツクラブでは、子供のためのコースも多く備えています。子供の場合は、放課後や週末などに行う「習い事」の一環として通う場合が多くなります。スイミングやサッカーなど、習い事として広く選ばれているスポーツに加え、最近では中学校の体育の授業でのダンスの必修化などもあり、ダンスに関するスクールも人気が高くなっています。また、テニスやゴルフ、体操など、特別な道具や設備を必要とするスポーツに関しても、スポーツクラブは環境が整っていると言えます。ここでは、スポーツクラブのキッズスクールではどのようなことが行われているのかについてお話しします。

Pocket