スポーツクラブで習うダンス

先に、中学校の体育でのダンスの必修化(平成24年から)について触れましたが、小学校の体育でもダンスは必修になっています。実際のところは、運動会などの機会に学年単位等で行うダンスをそれにあてているところが多いようです。このため、多くの子供たちは音楽に合わせて踊る体験はある程度はしているといえます。

ダンスを習い事にするという場合には、いくつかの背景が考えられます。まずは、親が中学校でのダンスなどを考えて必要を感じて習わせる場合です。しかし、この場合でも子供本人が興味を持たないのでは、続けるのは難しいでしょう。一方で、子供が自らダンスをやってみたいと希望するパターンも考えられます。音楽とダンスを合わせたパフォーマンスはテレビなどで見られますし、ダンスに使われる音楽にも容易に触れられるようになっています。

また、これはダンスに限ったことではありませんが、親が習い事に期待するのはそこで習う技術の向上だけではありません。始まりと終わりに挨拶をすること、インストラクターが考えたプランにのっとってレッスンをこなすこと、また同じレッスンを受ける他の子供たちとの触れ合いなど、子供がそこから学ぶことはたくさんあります。

ところで、スポーツクラブでダンスを習うと一口に言っても、内容はクラブによって異なります。子供にも親しみやすい動きの中でダンスの基礎を身に着けるクラスを設けているクラブもあれば、バレエやヒップホップ、フラやチアダンスなど、特定のダンスに関して技術の向上を目指すレッスンを行っているところもあります

Pocket